ご挨拶

 大分県は、産学官による大分県地域結集型研究開発プログラム(平成20年1月〜平成24年12月)、大分大学の「次世代電磁力応用技術開発講座」(平成25年4月〜平成28年3月)の設置に見られるように電磁応用分野の開発研究については、我が国で最先端に位置しています。
 本研究会は、これらの研究による開発成果を県内企業に移転し、本県の産業振興に役立てることを目的として、設立されました。現在では、県内企業とともに磁気測定、自動車、医療機器、ロボット、ドローンなど幅広い分野での電磁応用技術開発に広がっており、環境・エネルギー問題の解決にも寄与します。
今後とも、最新の技術や情報を収集しながら技術セミナー、研究開発WGなどの活動を行なってまいりますので、会員の皆様のご参加を心からお待ちしています。


     電磁応用技術研究会会長  吉岡 誠司
     (大分県産業科学技術センター長)



大分県産業科学技術センター展示ホールにて、会員企業の開発品を展示中

[ 2017年10月2日 掲載 ]

2017年9月29日(金) 第36回モータ技術展(2018年4月18日〜20日、幕張メッセ)の共同出展企業の募集を締め切りました

2017年7月7日(金) 「はじめての電磁界活用講座 in 大分」を開催しました

2017年6月9日(金) 平成29年度第1回理事会を開催しました

2017年6月8日(木) 「技術開発の生産性を向上させるLabVIEWソフトウェア体験セミナー」を開催しました